例会の記録(2018年度)

2019年1月例会

17世紀、北ドイツのコラール幻想曲 ~作曲技法の変遷を中心に~

1600年~1730年頃にかけて、北ドイツ・オルガン楽派のオルガニストが手掛けた「コラール幻想曲」には、コラール定旋律を駆使した壮大で華麗な作品の数々が残されています。約1世紀にわたるその歴史において、作品のスタイルは時代ごとに大きな変化を遂げていったと考えられます。一体、どのような作曲技法が用いられているのでしょうか。3つの時代に分けながら、解説と演奏をと通じて、北ドイツにおけるコラール幻想曲の概観を行うほか、レジストレーションの可能性なども取り上げます。

日時: 2019年1月12日(土)15:00~17:00
会場: 明治学院礼拝堂(白金キャンパス)
発表・演奏: 徳田佑子(東京藝術大学教育研究助手)
オルガン: ヘンク・ファン=エーケン製作 2段鍵盤33ストップ 2009年10月設置
曲目: J.シュテフェンス「イエス・キリスト、われらの救い主」、N.ブルーンス「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」他


生誕350年「フランソワ・クープランとオルガン」3回シリーズ例会
主催:日本オルガン研究会
協力:神戸松蔭女子学院大学、日本基督教団みぎわ教会、軽井沢コルネ

今年生誕350年を迎えるフランソワ・クープラン(1668-1733)を取り上げ、3回シリーズで開催いたしました。
web1806_02

◆7月例会

「クープラン時代のフランス・バロック様式のオルガン」
日時:2018年7月28日(土)15:00~17:00
会場:神戸松蔭女子学院大学チャペル
講師:マルク・ガルニエ(マルク・ガルニエ・オルグ・ジャポン取締役)
演奏:ジャン=フィリップ・メルカールト(那須野が原ハーモニーホール オルガニスト)
曲目:F. クープラン「教区のミサ」
神戸松蔭女子学院大学チャペル地図
神戸松蔭女子学院大学
〒657-0015 兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1
阪急六甲駅から山側へ徒歩15分。
阪急六甲、JR六甲道、阪神御影各駅から市バス36系統「鶴甲団地行」乗車。停留所「六甲台南口」下車、山側へ徒歩5分。

◆9月例会

「フランソワ・クープランの装飾記号について」
~オルガン・ミサへの応用を考える~
日時:2018年9月22日(土)15:00~17:00
会場:日本基督教団清瀬みぎわ教会
講師・演奏:桒形亜樹子(東京藝術大学非常勤講師)
曲目:F. クープラン 『クラヴサン曲集第1巻』第5オルドルより、「修道院のミサ」より
日本基督教団清瀬みぎわ教会地図
日本基督教団清瀬みぎわ教会
〒204-0013 東京都清瀬市上清戸2-6-9
西武池袋線清瀬駅北口から徒歩11分。

◆11月例会

F. クープラン「修道院のミサ」
日時:2018年11月23日(金)
第1部 11:00~13:00 レッスン形式によるレクチャー
第2部 15:00~17:00 演奏会
会場:軽井沢コルネ
講師:早島万紀子(新宿文化センターオルガニスト、フェリス女学院大学非常勤講師)
曲目:F. クープラン「修道院のミサ」
軽井沢コルネ地図
軽井沢コルネ
〒389-0103 長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229
JR長野新幹線軽井沢駅北口からタクシーで7~8キロ。
しなの鉄道中軽井沢駅からタクシーで2キロ、約4分。徒歩20分。

広告