年報「オルガン研究」目次総覧(第41巻~第45巻)


第45巻(2017)>>  
第44巻(2016)>>  第43巻(2015)>>  第42巻(2014)>>  第41巻(2013)>>


第45号(2017)

扉写真:西南学院バプテスト教会のオルガン

■論文
甦ったリスト・オルガン(廣江理枝)
フレスコバルディのトッカータの設計図―旋法と調性の間(はざま)で―(大岩みどり)

■オルガンをたずねて
西南学院バプテスト教会の新しいオルガン(田尻隆二)
ロゴス教会のゴシック様式オルガン(土屋明彦)

■会員通信
ポジティフオルガンの試み―3台目の自作ハウスオルガンとして―(丸山 隆)

■追悼
タリアヴィーニさんとの想い出(金澤正剛)
巨匠ミシェル・シャピュイ逝く(廣野嗣雄)

■2017年度活動記録,会則ほか


第44号(2016)

扉写真:今井奈緒子氏所蔵のポジティフオルガン

■論文
静かなる挑戦あるいは試み
マックス・レーガ-最初期の装飾コラールをめぐる一考察(松浦光子)
ジローラモ・フレスコバルディの≪カプリッチョ集≫(1624):献呈辞と主題を中心に(大岩みどり)
J.S.バッハ『6つのソナタ』BWV525-530 ~成立過程とその目的~(椎名雄一郎)

■記事紹介
マルティン・ヴァイヤー『マックス・レーガ-没後100年――疑問符つきの賛辞』(廣野嗣雄)

■オルガンをたずねて
今井奈緒子氏所蔵のポジティフオルガン――製作者から(横田宗孝)
ルーテル学院大学/日本ルーテル神学校礼拝堂のオルガン(ボリス・ガルニエ)

■寄稿
ポルタティーフオルガン製作記(加藤万梨耶)

■追悼
アンドレ・イゾワール先生を偲んで(山上はる)

■2016年度活動記録,会則ほか
↑ページトップへ↑


第43号(2015)

扉写真:活水女子大学看護学部のオルガン

■論文
中部ドイツ・バロック時代のコラール前奏とレジストレーション、伴奏について
―G. F. カウフマン:『魂の調和した喜び』―(廣野嗣雄)
1600年頃の「オルガニスト養成講座」(3)
―対位法と音楽的なぞなぞ―(大岩みどり)

■報告
教会信徒グループによる5ストップオルガンの製作(小渕晶男)
日本基督教団清瀬みぎわ教会における草苅オルガンのオーバーホールとドゥルツィアンの増設について(堀切麻里子)

■書評
カーリン・パウルスマイヤー著 久保田慶一訳
『記譜法の歴史 モンテヴェルディからベートーヴェンへ』2015年 春秋社刊(桒形亜樹子)

■オルガンをたずねて
活水女子大学看護学部のオルガン(神戸洋幸)
カトリック宇部教会のオルガン(中井郁夫)
三浦優子邸のゼーニ・オルガン(吉田 愛、アンドレア・ゼーニ)

■会員通信
世界で一番幸せなデンマーク人に囲まれたオルガンと生活(平中弓弦)

■2015年度活動記録,会則ほか
↑ページトップへ↑


第42巻(2014)

扉写真:北星学園大学チャペルのオルガン
■論文
ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンクのオルガンをめぐって(長谷川美保)
1600年頃の「オルガニスト養成講座」(2)―G. ディルータ『トランシルヴァニア人との対話第2部』(1609)にみるファンタジア(即興演奏)の方法論―(大岩みどり)

■研究報告
C. Ph. E. バッハのオルガン・ソナタ―その楽譜に関する研究報告―(水野 均)

■報告
立教学院オルガン3台の更新・整備を終えて(スコット・ショウ)

■書評
エンリコ・バイアーノ『チェンバロ教本』(Ut Orpheus 2013)(板 由理)

■オルガンをたずねて
北星学園大学チャペルのオルガン(中里 威)
カトリック元寺小路教会のオルガン(ハインツ・イェーガー&ヴォルフガング・ブロンマー)
聖光学院小聖堂のオルガン(須藤 宏)
仙台長町教会のオルガン(関本恵美子)
小松川教会のオルガン(今井奈緒子)

■会員通信
自宅用ポジティフオルガンの製作(善沢正博)

■2014年度活動記録,会則ほか
↑ページトップへ↑


第41巻(2013)

扉写真:阿佐ヶ谷東教会のオルガン
■寄稿論文
ダニエル・マグヌス・グローナウと彼のレジストレーション規則(クシシュトフ・ウルバニヤク)

■論文
1600年頃の「オルガニスト養成講座」(1)―G. ディルータ≪トランシルヴァニア人との対話≫(1593)を中心に―(大岩みどり)

■報告
ハンブルグ市、聖カタリーネン教会のフレントロップ・オルガン(長山 結)

■書評
ジャン=クロード・ツェーンダー 『ヨハン・ゼバスティアン・バッハの初期作品』 様式―年代研究―作曲技法(廣野嗣雄)
ジョルジオ・サングイネッティ『パルティメントの芸術―歴史、理論、実践』(浅井寛子)

■オルガンをたずねて
阿佐ヶ谷東教会のオルガン(木村秀樹)
キングスウェル・ホールのオルガン(フランチェスト・ザニン)

■会員通信
ドイツ回想録(大木麻理)
ヴュルツブルク便り(大平健介)

■2013年度活動記録,会則ほか
↑ページトップへ↑


広告